homeトップページarrow矯正治療をお考えの方へarrow成人の歯列矯正と予防歯科
矯正治療をお考えの方へ

 
成人の歯列矯正と予防歯科
 
歯並びの乱れは歯周病、ムシ歯の原因に
 

最近は予防歯科という考え方も浸透してきて定期検診に通う人も増えています。一度、ムシ歯を作ってしまうと元通りきれいになることはありませんし、歯周病によって失った歯は再び、生えてくることはありません。そうなる前に手を打っておく、つまり先手必勝法こそが私たちに求められる対策だといえます。

とくに歯周病は25歳以上の人の7〜8割の人がかかっているといわれ、歯を失う原因の第1位にあげられています。とくに40代以降ではその割合が急速に高まります。あなたが将来、自分の歯をどれだけ残せるかは今後の歯周病対策にかかっているといってもよいでしょう。

ムシ歯も同様ですが、予防を成功させるにはセルフケアとプロフェッショナルケアの両方が必要です。自宅での日々のブラッシングはもちろんですが、定期的な検診やPMTC(プロによる歯のクリーニング)を受けることで口腔内を常に健康な状態に維持していくことが大事になります。

ただ、歯並びが悪い場合は、毎日の歯磨きをどんなに丁寧に行っても歯ブラシが届かない部分が出てきてしまいます。このことは乱雑に物が置かれている部屋の掃除を想像するとわかりやすいかもしれません。物がじゃまになって掃除が行き届ず、ゴミもたまりやすくなります。一方、すっきりと片付けられた部屋は隅々まできれいに掃除ができ、しかも手間がかかりません。お口の中も同様で、歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくい部分に歯垢や歯石がたまりやすく、ムシ歯や歯周病の原因となるのです。ですから、歯並びの悪い人はそれだけムシ歯や歯周病になるリスクを抱えているといえます。

歯列矯正はこうした乱雑なお口の中をすっきりと片付けてくれる役目をしてくれます。口元の審美性を求めて矯正をされる方が多いと思いますが、じつは口腔内を清潔に保ち、歯の健康を守るためにもたいへん貢献しているのです。

 
歯列矯正は究極の歯周病予防
 

歯列矯正治療について「大人になってからでは遅いのではないかしら」とか、「歯周病にかかっているのに大丈夫かしら」と心配される方も多いのではないでしょうか。
歯列矯正治療には年齢に上限はないので条件さえ満たせば、高齢の方でも受けることができます。また、歯周病に関しても、大勢の歯周疾患の患者さんが実際に歯列矯正をしています。むしろ、歯並びを治すことで、歯周疾患が改善されることが多いほどです。

ですから、年齢や歯周病のことで躊躇されるよりも、一度、矯正医に相談されることをお勧めします。
歯並びの乱れは歯周病の悪化などに伴い、その度合いがひどくなる傾向にあるので早めの矯正が望まれることも事実ですが、大事なことはプラークコントロールをしっかり行うということです。ですから、成人の場合は、歯列矯正治療と並行しながら歯周疾患についてもしっかりと管理していくということが必要です。
治療中に身に付いた毎日の丁寧なブラッシングが、治療後も習慣となることで歯周病予防、ムシ歯予防に役立っている方も多く、これも一つのメリットといえるかもしれません。
また、子ども時代にはない成人矯正のリスクとして喫煙があげられます。

喫煙は歯周病を悪化させる最大の原因といわれており、それはニコチンにより歯肉の血管の収縮が起こり、歯肉への栄養や酸素不足に陥るためです。そのほか、歯ぐきが黒ずんだり、ヤニが歯に着くほか、たばこの煙に含まれる有害物質が直接、口腔内の粘膜に触れることで口腔環境の悪化を促進します。このようなことから矯正治療を受けるのならば、禁煙をすることが絶対条件だといえるでしょう。

年齢とともに歯周病の罹患率は高まり、それとともに歯を失う割合も増えていきます。そのため、自分の歯が残っているうちに早め早めの歯周病対策が求められます。歯列矯正治療こそが歯周疾患から歯と歯肉を守るための最高にして最大の防御といえます。

 


Copyright (C) フリージアの会. All Rights Reserved.

北海道・東北ブロック 信越・北陸ブロック 関東ブロック 東海ブロック 近畿ブロック 中国・四国ブロック 九州・沖縄ブロック