homeトップページarrow矯正治療をお考えの方へarrow「プチ矯正治療」について・・・手軽に、短期間で矯正治療
矯正治療をお考えの方へ

 
「プチ矯正治療」について・・・手軽に、短期間で矯正治療
 
皆さんの中には、矯正治療はしたいけど治療期間や装置を付けることなどで二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

短期間に歯の形を整えたいときにセラミックスクラウンやラミネートベニアといった治療法で、歯の上からクラウン(冠)を被せたり、歯の表面に薄いセラミックを貼り付ける方法もありますが、健康な天然の歯を削らなければならない欠点を持っています。
また、天然歯ではありませんので、一生使用できるわけではありません。必ずやりなおす必要が生じてしまいます。

現在、矯正装置やその方法にはいろいろなものが開発され、状態によっては従来の歯列矯正よりも手軽で短期間に治す方法があります。
そこで、かみ合わせに大きな問題がなく、抜歯などが必要でない方には、少しだけ治すプチ矯正治療がおすすめです。
 
マウスピース矯正(クリアライナー、インビザラインなど)
 
ワイヤーによる矯正装置を使わず、透明なマウスピースのような薄いシートを装着して行う矯正方法です。
透明なマウスピースを数段階分用意して、歯の動きに合わせて装着するマウスピースを変えていきます。
少しずつマウスピースの形状を変えていくことで歯を動かし、治療を完成させます。
この様なシートタイプの装置には、「クリアライナー」や「インビザライン」などがありますが、シートの作り方に違いがあります。また製作会社によりいろいろな名称があります。
 
   
透明なマウスピース(インビザライン)を装着中
 
2Dブラケットシステム
 
主として前歯を部分的に動かしたいときに装着します。
歯の裏側に装置を付け、しかも矯正装置のブラケットが小さいため誰にも気づかれず、装置を付けている違和感も少なくてすみます。
個人差はありますが、1ヶ月位で治療が終了する場合もあります。
 
     
治療前   2Dブラケットシステム装着時  
約1ヶ月経過でガタガタな歯並びが
改善しています
 
いずれも治療で大きく歯を動かす場合や咬み合わせが悪い場合には適しませんが、上記のような歯の叢生や、空隙のある人、補綴前処置として少し歯を動かしたい場合などには向いています。

これらプチ矯正治療は医院よって行っている場合とそうでない場合がありますので、治療を受けるときは事前に直接医院へお問い合わせ下さい。



Copyright (C) フリージアの会. All Rights Reserved.

北海道・東北ブロック 信越・北陸ブロック 関東ブロック 東海ブロック 近畿ブロック 中国・四国ブロック 九州・沖縄ブロック