歯列矯正治療早わかり

 
歯列矯正治療の流れ
 
1. カウンセリングの予約
 
歯列矯正治療は、初めて行ったその日に治療ということはまずありません。
今どういうことで悩んでいるのか、どうなりたいのか、あなたのいろいろな悩みを実際に歯を見せてもらいながら相談します。
カウンセリングは事前に予約を取ってから行きましょう。
 
2. 検査
 
歯並びと同時に、かみ合わせや骨格を診査します。
レントゲン撮影や写真撮影、問診など時間をかけて行います。
 
3. 診断(治療計画・プランニング)
 
検査の結果をもとに現在どういう状態かをお話します。そして治療方法、治療期間、治療費用を説明します。
 
4. ブラッシング・生活指導
 
矯正装置をセットする前に、ムシ歯や歯周病にならないよう歯みがきのしかたを練習します。
また、頬づえをついたり、片方ばかりでごはんを食べる、一定の姿勢で寝るなどの悪習慣を改善するアドバイスをします。
 
5. 矯正装置の装着
 
矯正装置はお一人お一人にあったものを使います。装置装着中は、月に一度の動的治療の調整が必要です。
歯みがきがうまく行われているかどうか、歯が順調に動いているかどうかなどについてもチェックします。
 
6. 動的矯正治療終了
 
念願の矯正装置がはずれるときです。多くの患者さんはこの段階で、もとのガタガタの歯並びのことは忘れているはずです。
 
7. 保定期間(アフターケア)
 
歯牙は、骨の内を少しずつ移動していきますので、正しい位置に移動し終わった後も、骨がしっかり固まり、正しい位置から動かなくするための期間が必要で す。これを保定期間といいます。
この期間は保定装置(リテーナー)という、取り外しが可能な装置を使用します。
 
8. メンテナンス
 
美しく健康な歯並びと機能があなたのものになりました。
よく噛めるか、ムシ歯ができていないか、また、歯周疾患にかかっていないかなどを定期的にチェックしていきます。
美しい歯並びは、手入れ次第で一生あなたのものです。
 

Copyright (C) フリージアの会. All Rights Reserved.

北海道・東北ブロック 信越・北陸ブロック 関東ブロック 東海ブロック 近畿ブロック 中国・四国ブロック 九州・沖縄ブロック