homeトップページarrow矯正治療中の方へarrow矯正治療と知覚過敏について
矯正治療中の方へ

 
矯正治療と知覚過敏について
 
矯正治療と知覚過敏について
 
矯正治療中に知覚過敏(歯がしみる)のような症状を訴える患者様がいらっしゃいますが、その大部分はワイヤーを変えた直後とか、新しい装置を装着した時などに起こります。

装着したてのワイヤーなどは弾力も強く、一気に歯に力がかかるため、一時的に歯が浮いたようになり、結果咬み合わせも変わるので、咬み合わせがよく当たる場所も変わります。強く当たると、その部位が知覚過敏になってきたりします。

そのような場合は大抵、2,3日で治まってくることが多いのですが、治まらなければ、知覚過敏剤の塗布やレーザー照射などの知覚過敏に対する処置が必要になる場合もあります。また、咬み合わせがきつ過ぎる場合には若干の咬み合わせの調整が必要になることもあります。

いずれにしても、1,2日で治まってくる知覚過敏については心配はいりませんが、それを過ぎても一向に治まらない場合には知覚過敏以外の原因も考えられますので担当医に相談して下さい。
 

Copyright (C) フリージアの会. All Rights Reserved.

北海道・東北ブロック 信越・北陸ブロック 関東ブロック 東海ブロック 近畿ブロック 中国・四国ブロック 九州・沖縄ブロック