矯正治療中の方へ

 
歯列矯正治療中の日常の注意
 
皆さんは今後の人生のクオリティを上げるために、歯並びや噛み合わせを治すというとても良い選択をされました。もう装置には慣れましたか?
はじめは戸惑いや歯を動かすことでの痛みなど、想像したよりも大変とか、思ったよりはそうでもないとか・・・。いろいろな感想を持たれたと思います。
この後も歯列矯正治療を続けていく皆様への注意やお願いをまとめてみました。治療をお受けになる上での心配事やお悩みなど、解決の糸口に参考にしてください。
 
1. お食事について
 
歯列矯正治療中は次のようなものはできるだけ避けた方がいいでしょう。

・極端に硬い食品→するめ、硬いおせんべい、ナッツ類、氷の塊など
・粘着性の食品(くっつき易い)→キャラメル、ヌガー、ソフトタイプキャンディなど
・大きな塊の食品→ステーキやスペアリブ、りんごの丸かじりなど食品はできるだけ小さく切って、奥歯で噛むようにしてください。
 
2.歯列矯正治療による痛みについて
 
痛みや違和感の感じ方は人それぞれです。また、慣れないという感じがするのも最初から何ともない人もいれば、時間を要する人もいます。
特に調整に来院し、装置を変えた直後は痛みが出やすく、当日から数日痛むこともあります。しかし、健康な歯肉や骨をお持ちになっている人のガッチリした歯を動かしていくわけですから、何かを感じることはむしろ当たり前なのです。
調整に来院されるご予約も、翌日から数日以内に大切な行事がない時を選んでいただくことにより、多少の違和感や痛みが出ても心配は少なくなります。
また指や舌で、装置を触ったり、押したりすると壊れる原因になることがありますので、できるだけやめるようにしてください。
 
3.ご自身で換えていただく装置について
 
患者さまによっては、ご自身でつけていただくゴムなどが必要な方もいます。
そういった指示が出た場合には、歯列矯正治療期間の短縮のためにも、忘れずに交換するようにしてください。
また装置がつけにくいなど、お困りのことがありましたら遠慮なくお尋ねください。
 
4.習癖について
 
頬杖をつく、爪を噛む癖、指しゃぶり、舌であちこちを押す・触る癖、口呼吸、歯軋りなどがあると、歯列矯正治療の妨げになる場合があります。注意すれば直る癖は直す様に努力しましょう。
 
5.お口の中の衛生について
 
矯正装置を入れると汚れや食べかすが残り易くなります。すると歯並びはきれいに治ってきたのに、ムシ歯や歯周病になってしまったということにもなりかねません。歯列矯正治療前よりも念入りに歯磨きをしてください。できれば歯磨き粉をつけずに鏡を見て装置の周りに残っている汚れを見ながら歯ブラシをかけるようにしましょう。
 
以上、日常の注意についてまとめて書きましたが、それ以外にもご心配なことがあるかもしれません。その時はお気軽に治療を受けている医院へお問い合わせください。
 

Copyright (C) フリージアの会. All Rights Reserved.

北海道・東北ブロック 信越・北陸ブロック 関東ブロック 東海ブロック 近畿ブロック 中国・四国ブロック 九州・沖縄ブロック